同族は吉か凶か






 大学を出てから43歳で自身の会社を興すまでの間在籍していた会社は、昭和32年に従業員21名で創業を開始したという。入社したとき、元北大助教授のFさんが社長であり、同じ北大研究室の助手であったSさんが専務であった。その後、Fさんが会長となり、Sさんが社長となった。FさんにもSさんにもご子息がおられ、いずれのご子息もハーバードなどの名門に行くほど優秀だと伝え聞いた。しかし、FさんもSさんも子息には会社を継がせないと断言するばかりか、同族はダメだと、ことあるごとに力説していた。社員のモチベーションが上がらない、誰にも社長の可能性があり、争ってこそ会社は洗練される、というのが彼らが同族を嫌う理由であった。その後、会社は今では第10代目の社長となり、1部上場、業界トップの座にあり、取締役を含めて同族は皆無を押し通している。

 私事であるが、吹けば飛ぶような零細会社をやり始めて23年が経つが、前の会社の教えを守ってか、最初から息子に継がせる気はさらさらない他、同業他社に就職の世話をするのも嫌がった。もっとも、こんなチンケな会社を継ぎたいとも言わなかっただろうが。

 今、世間を騒がしている骨肉の争い劇を見て、ふと、前にいた会社との違いを思った。同族会社は珍しくなく、むしろ日本のほとんどの会社が何らかの形で同族会社である。同族会社にはそれなりのメリットもある。意思が通じ易い、経営方針をまとめ易い、経理を含めた秘密保持がし易い、乗っ取られ難いなど。しかし反面、一歩間違えるとこのような骨肉の泥試合を公にさらすことになる。こうなると、血は汚く、感情が複雑に絡み、本筋の会社経営論から逸脱し、株主に対する背任行為となり、結果、業績はますます低迷して回復不能に陥る。それに、どうせ頑張っても取締役なんかなれないのだからという、同族会社の社員の口癖を耳にタコができるほど聞いてきた。

 今回の骨肉の争い劇について、どちらが正論だとか意見するつもりは毛頭ない。それほどに馬鹿げていて、意見するほどの価値もないからである。ただ、同族会社が悪いとか良いとかの問題ではなく、両人とも社長としての資質に欠けていることを申しあげたい。




スポンサーサイト

美しい歳の重ね方






 美容ジャーナリスト/エッセイストの齋藤薫さんという方の記事を読んで、なるほどと思った。『「あなたと会えて良かった」と思うだけの若返り』というタイトルのエッセイである。その一部を以下に紹介する。



 『異性からも同性からも本当に愛される友人がいる。美しく知的な人だけど、それ以上に、彼女は会うたびに、会ったことを「嬉しい」と言ってくれる人。おそらくはそれが愛される理由である。

 考えてみると、英語には圧倒的な常套句としての「Nice to meet you」や「Nice to see you」があって、その一言とともに握手やハグをすれば、確かに大なり小なりお互い嬉しくなるもの。でも日本語にはそれに当たる挨拶はなく、どうしても今日の天気の話に流れたりして、喜びを表現しにくい。

 だからこそ、人の印象は会った時の喜びの大きさや形で半分以上決まってしまうものだ。もともと人の印象は不確定で、感じの悪い人と街でばったり会って言葉を交わしたら、じつにいい人だったりすることもあるように、一瞬で変わるもの。ともかく「会えて嬉しい」「会えて良かった」と心で思うこと。すると不思議なほど表情が美しくなる。目がキラキラ、印象年齢が一気に5歳10歳若くなる。』



 確かに、いつも柔和な顔つきをして誰と会ってもにこやかに会話する人は、そうでない人に比べれば数段好かれる。親しい人に会って「会えて嬉しい」と言葉にする人は、そうでない人に比べたら数段好かれる。だからして、人に会える喜びを表現できる人は誰からも好かれるし、おまけに自身の見た目も若返る、とまあこういうわけだ。

 確かに笑顔はタダだし、嘘でも「会えて嬉しい」と言うのもタダだ。だけども、自身の体の調子が悪いときに笑顔はできないし、嫌いな人に出会って「会えて嬉しい」とも言えない。要は、心や気持ちの問題ではないのか。好きな人や大切な人に会って、心から「会えて嬉しい」と表現できるかどうかだ。

 それに、人の印象は見かけで決まるもの。他人から好印象をもたれたいと思うなら、柔和な表情を絶やさないことだろう。これも気持ちの問題であり、人生つまらない、人間関係は難しい、人が嫌いだと思っていると、どうしても表情が暗くなり、良い印象などもたれるはずがない。

 ここは、この世に生を受けた以上、腹を据えて、できるだけ人を受け入れよう、人に興味をもとう、人を好きになろうとするしかない。そうすれば、それだけで表情も明るくなり、若返りも夢ではない。できるだけ柔和な表情と心もちを絶やさず、背筋を伸ばし、何事にも前向きに取り組む姿勢が「美しい歳の重ね方」だろうと思う。さて、あとは実行できるか否かだ。




人はなぜ走るのか





 出張や多忙の日以外、ほとんど毎日、スポーツジムに通っている。仕事を遣り繰りしては、仕事の合間を見つけては、約2時間のジムの時間を作る。最初は一日一膳、体に何か良いことを、との思いであった。それにその頃はメタボ予備軍解消が大きな動機であった。

 通い始めてやがて2年になる。惚れやすの飽きやすの私がよく続いたものだと、我ながら感心する。さてその成果は、体重は59kgが55kg台に、ウエスト82cmが77cmまで絞り込み、体脂肪率10%代で落ちついている。お陰で着れなかった背広やジーンズがはけるようになった。

 ジムではストレッチと筋トレをやった後、ランニングマシーンで仕上げる。最初のうちは5kmを6km/hの速度で歩いていたが、徐々に速度を上げていき、1年前から9km/h前後の速度で5kmを33分から34分かけて走っている。昨年の正月、5km30分切れを目標にしたが、年末までついに達成できなかった。そこで今年の正月、再度同じ目標を立てた。そして先日、ついに達成できた。実に1年と2ケ月振りである。

 走っていて楽しいと思ったことは一度もない。今は5kmを私としては全速力の10km/hの速度で、30分で完走するのが限界である。走ってる途中、テレビを見ながら走る余裕はない。音楽を聴く余裕も水を飲む余裕もない。10分も走るとまず頭皮から汗が出てくる。次いで額、首筋、背中と汗が廻る。20分過ぎには、拭いても拭いても滴り落ちてくる。いつ倒れてもおかしくないとも思う。でもほんとうに限界なら、目の前のSTOPを押せば済む。

 息絶え絶えに完走する頃にはシャツもパンツもタオルも汗でびしょびしょになる。徐々に速度を落とすが5分も過ぎないと心臓の鼓動は鳴り止まない。ようやく水分補給する気になる。水分を口にすると、五臓六腑の隅々にまで浸透し、その全量が一気にドバッと汗となって全身の皮膚から出る。これぞ新陳代謝の極みと感じる。徐々にクールダウンして5分。ようやく完走できた達成感を感じる。

 5kmですらこんなにきついのに、42.195kmのフルマラソンを完走する人は、私にとっては尊敬する雲の上の人である。だって、私の全速力の10km/hの速度を維持して仮にフルマラソンを完走できたとしても、4時間13分かかるのである。だからフルマラソンを2時間台で走るというのはどれだけ驚異的なことか。

 今や、マラソンブーム。どこの公園でもジョギングやマラソンをする人を見かける。では、フルマラソンを走る彼らはなぜ走るのか。どのランナーもきつかろう。なぜそんなにきついマラソンを続けるのか。必ずしも体に良いとは思えない。ただの有酸素運動とも思えない。

 そもそも、なぜ人は走るのか。達成感とか満足感だけでは片付けられない何かがあるのかも知れない。ただ言えることは、私の場合、走った後の旨いビールを飲みたいからである。それに私は煩悩だらけの人間である。煩悩にまみれているからこそ、無心を求めて走っているのかも知れない。





ジム
(スポーツジムの写真をお借りしました)

男は歳をとると、なぜダメになるのか




 のっけから危ないタイトルであるが、ここで言う「ダメになる」という意味は、みなさんが期待する男として性的にダメになる以外に、肉体的衰え、精神的機能の低下、意欲の低下などを含む。無論、歳をとってもダメにならない能力もあり、例えば総合的判断能力などは歳を取った方が冴えるかも知れないが、これだって呆ければ元も子もない。

 ものの本によると、ダメになる原因は「テストステロン」という男性ホルモンの低下だそうだ。テストステロンの作用によって、性的欲求が高まったり、他人に対して優位に立とうと思ったり、さらに独占的性格や攻撃的性格も作り出すと言われている。一般にテストステロンは二十歳をピークに次第に減少し、還暦を過ぎると極度に現象するらしい。

 ということは、歳をとってもダメにならないようにするにはテストステロンの減少を抑制すればいいのだ。ということで、テストステロンについて少し調べてみた。すると、生活習慣によってテストステロンは抑制できるし、増やすこともできることがわかった。その方法の要点を私なりに以下にまとめてみた。

1)有酸素運動
ウォーキング、ランニングなど。

2)筋トレ
肥満になるとテストステロンが減少する。筋トレによって筋肉を増やすと同時に、脂肪を減らせればテストステロンは増える。

3)女性に会う機会を増やす
異性からの刺激は最も重要。

4)大豆製品を食べる
毎朝いただいている味噌汁の具の一押しは豆腐。

5)亜鉛
テストステロンを作るときに必要なものが亜鉛。亜鉛の多い食品としていろいろあるが、なんと言っても牡蛎が一番。


 こうしてみると、ほとんど毎日スポーツジムに行って、朝飯に豆腐の味噌汁を欠かさず、地元広島の牡蠣をふんだんに食べて、たまにキャバクラに行っている私の生活態度は、正にテストステロン減少抑制の模範ではないか。しかし、それよりもっと体に悪いことしてるから帳消しかも知れない。

 テストステロンはいかに活動的な生活をしているかという事と関連性が強い。自分が歳だと思うと消極的な生活になって、悪循環の繰り返しになるという事だろう。しかし、生活習慣を変える事によって、脳の働きまで変える事が可能なのだと思う。要は、体は衰えてもまだ若いという自意識、何かに挑戦する勇気、新しいものに飛びつく好奇心、それに加えて女性好きなのも重要な要素かも知れない。まだまだダメを認めない、諦めない老人のつぶやきでした。




プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR