大相撲に、待った!




 横綱・白鵬の審判部への批判会見が物議を呼んでいる。先の大相撲初場所で、横綱・白鵬は元横綱・大鵬を抜いて歴代最多33回目の優勝を果たしたが、物議の発端は一夜明けた記者会見冒頭の発言である。

 記者会見で横綱・白鵬は、優勝を決めた13日目の稀勢の里戦が物言いの末に同体取り直しになったことに審判部を批判をした。「なぜ取り直しなのか。子どもの目でもわかる。ビデオ判定は何をしていたのか。悲しい思いがした。」と。

 これに対して、横綱審議委員会の内山委員長は「良くない。審判はスポーツの世界で厳正なもの。批判することは、自分の未熟さをさらけ出している」と、白鵬の発言を強く批判した。北の湖理事長他からも、横綱としてあるまじき発言と大騒ぎになっている。

 さて、問題の稀勢の里との一戦であるが、ビデオを何度も見たところ、素人目には同体といえば同体だが、玄人的には稀勢の里の体(たい)は既に土俵を割っており死体とみなし白鵬有利と見る。ただ、審判も人がやること間違いはあるし、見る角度によっても違う。ただ、ここで問題なのはビデオ判定を導入していながら、ビデオ判定でもって審議した気配がないことである。白鵬にとっては記録のかかった大一番、それも全勝優勝がかかった大一番。もっとビデオを活用して厳正かつ慎重に判定してくれとの思いであろう。

 この審判問題もさることながら、横綱審議委員会の権威の問題、相撲協会の組織の問題、さらには親方株の問題や暴力問題など、大相撲には今なお改善されていない問題が山積すし、古い体質から抜け切らないことに嫌気がさす。それに加えて、八百長問題についても今なお限りなく疑わしい。八百長は今も公然と続いていると言わざるを得ない。

 八百長は勝ち越しがかかる千秋楽に多い。14日目まで7勝7敗の対で千秋楽に勝ち越しを賭けた場合、昔だったらほぼ100%、勝ち越しを賭けた力士が勝利していた。八百長事件以来、多少は控えめになっているが、本質的には変わっていない。

 ちなみに、この一年間の千秋楽に勝ち越しを賭けた一番を整理すると、下記表のとおりである。表の左列から、場所名、勝者力士名と勝敗、敗者力士名と勝敗を示す。黄色は勝ち越しを賭けた一番に成功したケース、水色は勝ち越しに失敗したケースである。

 結果として、成功は30例、失敗は9例、つまり8割近くの確率で勝ち越しを賭けた力士が勝利している。これすら統計学的にありえない数字である。しかしもっと中身を分析すると、失敗の9例のほとんどが、相手が三役に残るために星を残したいケース、相手が三賞候補にあるために10勝以上が欲しいため譲れなかったと推測される場合である。こうした相手に譲れない事情がある場合を除くと、実質的に千秋楽に勝ち越しを賭けた一番はほとんどすべて勝ち越しを賭けた力士が勝利している。そしてさらに興味深いことは、千秋楽に勝ち越しを賭けた力士が勝利した一戦に絡んだ力士は限られた力士が何度もでてくることである。豪栄道の4回をはじめとして、琴奨菊、玉鷲、碧山、豊響が各3回である。

 昔、大乃国という横綱は若い頃から八百長を拒み通したことで知られるが、今でもそういう力士もいるであろう。また、この表には勝ち越しを賭けた力士が自力で勝ったケースも無論ある。しかし、確率論的に見た場合、今なお八百長が蔓延していると考えざるを得ない。それも良しとして大相撲を観戦し応援することに何も文句はない。




大相撲
スポンサーサイト

空虚な自己責任論





 世界の誰もが今最も危険と認識する地域に、国や周囲の警告や抑制を振り切っての入国。どのように崇高な目的を掲げようとも、どのように敬虔なる実績があろうとも、所詮はそのことで糧を得る目的の一民間人の行動である。しかも、自身でも事前に、何があってもこの行動の結果は自己責任であると言って出ている。いわば覚悟の上の行動である。

 それでもである。拘束されて人質になったとなれば、国は総力をあげて救出するための行動をとらざるを得ない。それこそ、国のトップが不眠不休の救出作戦を展開する。少なからず国の行政にも影響を及ぼすであろう。秘密裏に、解決のために莫大な国家予算が投入されることもある。自国のみならず、世界がそのことで翻弄させられる。

 もういちど確認しておくが、これは組織への攻撃の最中に相手に拘束されたものではない。平和な都市での自爆の犠牲になったものでもない。安全と思われる場所での拉致の話でもない。ただの一民間人が自己責任を覚悟の上で最も危険な地域に入ったことによる事件である。

 世界は「断じて許せない暴挙である」と相手組織に強く抗議する。確かに相手の行動は許すことのできない暴挙である。しかし当方の行動だって無謀と言わざるを得ない。「命は地球より重い」「命は金に代えがたい」と、まことしやかに言われる。一民間人の無限なる無謀な行動であってもそうなのか。無限なる無謀な行動の結果に対しても、国や世界はこれほどに多大な犠牲を払わないといけないのか。それでは一体、自己責任という論拠はどこに消え失せたのか。

 人によっていろんな意見があろうと思う。この危険な時代であるからこそ、もう一度、「自己責任」のあり方について考えてみよう。この文は議論のためのひとつの叩き台として紹介する。




命燃ゆ







 NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」がいよいよスタートし、特別な思いで見ている。幼き頃から長州という故郷への愛着が人一倍ある他、長州という響きの中に、今ある私の魂の根幹があると思うからである。誰しも、生まれ育った風土と生活環境がその人の性格や考え方に影響を及ぼすであろうが、私にとっての長州は今の私を決定づけていることに間違いない。

 毎朝、行商に出かける母は幼い私にひとこと言って出かけた。その頭文句は決まっていた。「お前は長州藩士の子孫だから」と。その後に続く言葉は毎日少し違っていたように記憶している。「お前は長州藩士の子孫だから、ひもじくても食べ物をいただいたりしないように」、「お前は長州藩士の子孫だから、ちゃんと勉強するのですよ」といった調子である。休みの日には高杉晋作の墓に連れられ、晋作を囲む墓石の何周目の墓石がお前の先祖なのだと何度となく説いて聞かされた。

 長屋の一軒に間借りし、まだ4歳か5歳の幼子をひとり残して行商に出かける母の心中たるや、いかばかりだったのか。せんない思い、不安な気持ち、かわいそうだけど仕方ない現実。だからこそ、しっかりしてもらわないといけないと思う強い母心。近所の長屋の住人が柿やお饅頭を持ってきてくださり食したことがあったが、後でこっぴどく叱られた。「情けない!長州藩士の子孫はひもじくても我慢しなさい」と。残された幼子がひとり勉強といっても絵本があるわけでもない。みかん箱の机に新聞紙を広げて、ただただ習字の真似事をする毎日であった。

 幼い頃のこうした環境から、次第次第に私の心の中に長州藩士の子孫というプライドが宿り、だからへこたれない、だから我慢できる、だから負けない、そんな気持ちが自然と育っていったような気がする。それはもはや洗脳された信奉者の世界である。人からみればつまらない信奉者であっても、所詮、人は何かにすがって生きているのだと思う。

 NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」を見ながら、私の中の長州魂がメラメラと沸き起こり、今の仕事を天職として全うするのだという決意の「命燃ゆ」の思いにある。遠い時を経てなお、維新の息吹と闘志は脈々と私の心の隅に残っているように思えてならない。







長州魂

言論の自由とは





 仏の週間新聞社「シャルリー・エブド」の襲撃事件は、仏のみならず欧州全土を震撼させている。国際社会は残忍なテロ行為と断定し、一斉に批判している。そして、異口同音に“民主主義の根幹となる「言論の自由」、「表現の自由」を脅かすテロ行為である”と言う。

 確かに「言論の自由」や「表現の自由」は民主主義の根幹である。しかし、だからといって民主主義社会においては無制限に何を書いても、何を表現してもいいというのか。仏週間新聞社の過去の風刺画には、相当に醜い表現のもの、全く品を欠くもの、明らかに度を越したものが散見されるが、それでも全面的に許されるというのか。そのことに言及する人がいないのも不思議である。

 そもそも風刺画というものは、世情や人物を面白く少し茶化して表現することでコミカルに批判するツールである。それを、とことん醜く批判するツールとするならば、それはもはや風刺ではない。自由を逸脱した醜画としか言いようがない。

 人はみな「言論の自由」と声高らかに唱えるが、言論にしろ何にしろ、自由の裏側には一定の秩序やモラルがあってしかるべきである。家庭において、企業において、社会において、全ての人が何の躊躇も、何の恥じらいも、自身の立場もわきまえず自由に発言したらどうなる。それこそ民主主義の崩壊である。

 一方、マクドナルドの異物混入事件。マスコミも社会もはこぞって食品衛生管理の視点で企業の姿勢を批判する。しかし、果たして混入はすべてが真実なのか。実際には相当に模造犯がいるのではと思う。今やネットでの自由な書き込みによって、食品会社やホテル、老舗が潰れる時代である。なぜ、クレーム通報の真偽に関する情報管理という視点の論議がなされないのか、これもまた不思議である。

 「言論の自由」はもはや過去の遺物であって、人はネットを通してまさに自由に表現できている。その反面、無秩序でモラルのない自由が社会を歪めているのが実態である。
民主主義の自由の担保として、人としての品格、モラル、秩序が備わなければならない。そうでなければ、自らが民主主義を崩壊することになることを、世界は自覚すべきである。




年頭雑感




 いつもは会話の少ない暗い日常から、年末年始に子供たちや孫を迎え入れると、一転、楽しいながらも喧騒たる非日常の日々を過ごした。その客人も台風一過のようにあっという間に過ぎ去ってしまうと、また静かな日常の日々に戻った。

 「みな帰り 路面も凍り ひとり酒」。帰りし日、正月には珍しい雪化粧となった。山頭火風に歌ったつもりであるが、山頭火風なら非定型で書けとの意見を頂戴した。

 そして今、寂しい思いと安堵感が同居している。いくつになっても娘や息子は私の子に違いない。その子たちがお正月やお盆に実家に帰りたいというなら、先祖の墓を参りたいというなら、いつでも受け入れてやろう。ただ迎える側は相手がたとえ身内であっても、不備はなかっただろうか、満足しただろうかなどと、後で気を揉むのも事実である。

 親と子の関係は時代の変遷とともに益々冷え切ってきている昨今であるが、このように帰ってくるだけマシだろう。会えば要らぬ言葉も発する。いろんな感情の綾も生じる。しかし、会って話さなければ相手の気持ちがわかろうはずがない。こうして会ってさえいれば、なんとか人間関係は繋ぐことができる。そうしみじみ思うのである。

 さて、気を取り直し早く日常のペースを取り戻さなければいけない。私も今日からスターを切りました。みなさまにとって、今年一年が健やかで平和な年になりますようお祈りいたします。併せて、本年もご愛顧いただきますようお願いします。







日の出
(マンションから見た日の出)
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR