競馬は見るものか買うものか


 最近あることがきっかけで、日曜日に競馬の重賞レースをテレビで見る機会が多くなってきた。名古屋の独身サラリーマン時代、毎週のように中京競馬に通っていたことを思い出す。あのとき、シンザン記念という重賞レースで南井騎手騎乗のロングウイナが優勝し、払い戻し窓口に手を突っ込んで大金の札束を鷲づかみにした。自身の目によってパドックで見立てた穴馬が勝った満足感とあの札束の感触は、未だに忘れられない。その札束はというと、「悪銭身に付かず」を地でいったことは言うまでもない。以来、勝ち逃げのまま競馬場に足を運んだことがない。

 すべてのギャンブルの中で、競馬ほどロマンと迫力を感じさせるものはない。現場で真近に見るその迫力は凄まじいものであり、ドタドタドタツ-と迫り来る迫力は実際に見たものでないとわからないだろう。競馬の魅力は、走るものがボートでも自転車でもオートでもない、生き物であるからに他ならない。ただ、同じ生き物といっても、ブタレースやドッグレースではさまにならない。なぜなら、ブタやドッグが単なる動物であるのに対して、サラブレッドには血統に下支えされた長い長い悠久のロマンと歴史があるからである。

 したがって競馬は本来、神聖なものであり、基本的に見るものであると私は考える。現場であってもテレビ画面の前においても、紳士然と静かに厳かに、ロマンを夢見ながら見るものであると考えるのである。であるから、競馬でもって儲けようなんて考えは愚の骨頂と考える。

 しかしそれでも馬券を買おうという場合は、これはキッパリと夢やロマンから切り離した冷淡さを持つべきである。負けを承知で好みの馬に夢とロマンを賭けるのは生半可なやり方である。ましてや、人気馬だけを追い求めるのは素人極まりない。一端、馬券を買おうとするならば、冷徹に、一途に当り馬券を追い求めるべきである。

 ギャンブルとしての競馬が難しい理由は、勝つ要素が多すぎることにある。例えば競艇だと、ボートとエンジン、選手の技量の3要素となる。ボートとエンジンはその都度選手にあてがわれるので、ボートとエンジンの調子を現場で朝早くから記録すれば、電卓程度の計算でより確実性のある勝舟券を予想できる。それに対して、競馬には要素が多すぎる。血統、距離、調教師、騎手、右回りと左回り、コース、芝とダート、芝状態、負担重量などなど。これらが複雑に絡み合うため、多次元方程式を駆使しても理論的正解を求めることはできない。それだけ競馬はギャンブルとしても奥が深い。

 そこでオッズなるものに着目してみた。オッズとは選挙前の出足調査みたいなものであり、重賞ともなるとオッズはほぼ結果と一致する。オッズは実力と人気の総合評価みたいなものである。先週の高松宮記念を例にすると、一番人気のロードカナリアの複勝オッズは1.1倍である。つまりロードカナリアが1着か2着に入れば100円が110円になるということである。そこで、このオッズの逆数が1着か2着に入る確率と考えることができる。つまり1.1の逆数は1/1.1=0.91であるから、ロードカナリアが1着か2着に入る確率は91%と見立てることができる。

 この確率法を展開して枠連の確率を算出し、これをまたオッズに戻した値を「理論値」とする。「予想値」(オッズ)との比をとると、「予想値」に近い「理論値」の組み合わせ(比が最も低いもの)が最も確率が高い枠連の組み合わせと考えることができる。先週の高松宮記念を例に算出した結果が下表である。





競馬


 「予想値」(オッズ)/「理論値」の比が最も低い枠連は6-6である(表の◎印)。一番人気の枠連は6-8(表の〇印)であったが、結果は6-6であった。当っている。100倍以上の万馬券枠連を除外すると、理論値よりも高いオッズの買得な枠連の組み合わせがわかる(表の△印)。
 今回、たまたま当っただけかも知れないので、さらに検証していく必要がある。いずれにしても、競馬は聖なるものにして基本的に見るものである。そして仮に競馬で儲けようと思うなら、ロマンをかなぐり捨てて冷徹かつ論理的に追求すべきである。





スポンサーサイト

老い桜


東京は満開の桜で賑わっているようですが、
ここ広島は先週、開花宣言があったばかりで、
まだ1分咲きといったところです。
みなさんのところはいかがでしょうか。



老い桜


老いてなほ 花一輪の 気高さよ


ボロボロになっても懸命に咲こうとする姿。
まるで私のようです。



巧い言葉にご用心




 最近の広告やコマーシャルには甘い言葉や巧みな言葉が氾濫している。その最たるものがサプリメントなどの健康食品である。BSコマーシャルの大半がサプリメントなどの健康食品と言っても過言ではない。それも、何度も何度も呪文のように執拗に繰り返す。「ペテン紛いの健康オタクキャンペーン」とも言えるこの風潮は年々過熱するばかり。いささか辟易しており、憤慨の感情すら覚える。

 購買をそそる甘い言葉や巧妙な言葉はいかにも疑惑のデパートである。
「なくなり次第終了」----------(なくなったらどうだというのか、増産すれば済むこと、あり得ない)
「初回限定」---------(初回の罠にかかると後が大変、これが坩堝の出発点)
「数量に限りがあります」---------(なぜ限りがあるのか、意味不明)
「先着〇名さままで」---------(ほんとうにそうしているとは思えない)
「限定〇名さま」---------(限定する意味がわからない)
「1家族〇個限り」---------(同じく、個数を限定する意味がわからない)
「今から10分以内」---------(11分後に電話しても20分後に電話しても多分受け付ける)
「数日で効果があります」---------(その証拠を示せ)
「効果がなければすぐにお返しください」---------(言われなくても返す)
「残り〇個限り」---------(倉庫に山ほどあるくせに)
「特別限定品」---------(何がどうして特別なのか意味不明)

 効果があるあると言うだけで、ちっとも具体的なデータを公表しない。稀に効果を示す図を出しているが、画面の片すみに見えないように小さく「当社比」とある。「当社比」であることすなわち、独断的な内々のデータである。信憑性がないことの何よりの証拠である。

 おまけに、有名人を使っているのが気に入らない。もともと有名人を信じていないが、サプリメントのコマーシャルに出るような有名人はもっと信じられない。仮に有名人がそのサプリメントを愛飲していて効果があるというのなら、コマーシャルに出ないで自身のブログで訴えれば済むことだ。もしくは、広告元からの収入がないことを会計監査報告書にて示すべきである。民間人とて同じ。ほんとうに事実であれば、仮名ではなくどこどこの誰々ですと公表すべきである。

 少しばかりの素養がある市民であれば、そんなサプリメントは飲用しないか、飲用したとしても厳選するだろう。しかし、物事をあまり深く考えない善良で無知無垢な市民が体を弱らせると、すがるようにいとも簡単に騙されるのも間違いない。そして、知らず知らずのうちに多くの薬によって体が蝕められていく。

 今の法律ではこれを取り締まることはできないのかも知れないが、消費者庁は何も手を下していないのが実情である。市民に注意喚起したり、健康食品広告のガイドラインを作成したり、行政指導したりと、いろいろやれる筈なのに。ともかく、甘い話や巧い話には乗らないに限る。




Wi-Fiは誰のものか




 今や、スマホがあり、iPadがあり、各種タブレットが世に溢れている。凄まじいタブレット型コンピューターの技術開発によって、もはやパソコンとタブレットの区別がなくなってきている。それにつれて、煩雑な通信網を如何に効率的に利用するか、利用の仕方によって大きな損得が生じているのが実態である。

 私の場合、スマホを基本として、パソコン代わりにiPadminiを利用している。出張時にはWiMAX搭載のノートパソコンを持ち歩いて、officeなどの実務作業もできるようにしている。iPadminiにはWi-FiモデルとLTEモデルがある。LTEモデルは、Wi-Fiの他に携帯電話事業者が提供する通信網(Cellular)によってそれ自体で通信できる。しかし、毎月、通信費がかかる。そこで、私は最初の製品購入だけで済むWi-Fiモデルに決めた。その通信にはWiMAX搭載パソコンの契約に付随しているWi-Fiルーターを利用している。Wi-Fiルーターがない場合はスマホからテザリングしている。これだけでもよく考えた利用をしているようだけど、それでもまだ無駄がある。スマホが1台あれば、Wi-Fiテザリングによってすべてのパソコンやタブレットの通信が可能だからだ。

 通信機能やメカの知識に詳しくない私でも、どれとそれを組み合わせれば効率的なのか、あるいはどこか無駄がないのか迷うし、わからないことも多い。まして、全くそういうことに疎いお年寄りは、持たされるまま勧められるままに、余計な通信機能を重複して支払っているに違いない。

 今や、喫茶店に入ってもレストランに入ってもWi-Fiが設備されている。そのうち、ほとんどすべての公共機関でWi-Fiが設備されるだろう。さらに、街中でも防犯カメラみたいにWi-Fiが設備されるかも知れない。そして、LINEなど無料の電話や通信機能も多く提供されている。

 そうなると、一体全体、Wi-Fiは誰のものなのか、光は誰のものなのかと考えてしまう。そして、数多くのプロバイザーの稼ぎは正当なものなのかと思ってしまう。つまり、Wi-Fiにしろ光にしろ、すべての無線通信をタダにすれば、誰もが気楽にネットを楽しむことができるばかりか、互換性や機能性からも飛躍的に経済が発展すると思うのだが。通信事業の罠の中にあって、その罠の矛盾が次第に解かれていく状況を感じる。





肉は食べるべきか食べざるべきか



 この歳になると油物はどうしても敬遠しがちで、魚を好む。それでもたまには、ジュジュ-っと焼いたカルビーかホルモンで一杯やりたくなる。そんな中、「長生きしたけりゃ肉は食べるな」(幻冬舎)というショッキング本に出くわした。若杉友子さんという御年76歳のおばあちゃんが書いた本である。この手のタイトルには何度も騙されてきたが、「長生きしたけりゃ・・・・」と言われりゃ見たくなるのが心情。タイトルのネーミングのうまさに騙されて注文した。





肉は食べるな




 著者紹介によると、なんでもこのおばあちゃんは食養研究の第一人者とある。「命と暮らしを考える店・若杉」を静岡に開店したり、自給自足の生活を実現するために京都府綾部市に移住したりしている。著書には他に「これを食べれば医者はいらない」(祥伝社)、「体温を上げる料理教室」(致知出版社)、「野草の力をいただいて」(五月書房)など。どれも、いかにもというタイトルである。

 この本にはいろいろなことが書いてあるけど、要するにこういうことである。畜産農家で飼育されている鶏や牛はホルモン剤や抗生物質などの添加物が含まれた肥料で育っている。有機野菜も鶏糞や牛糞を肥料としている。よって、肉も牛乳も生野菜も体に悪いのだと。まあ、言っている趣旨はわかるのだけど、体に悪いメカニズムが今ひとつ。それに、長生きとの因果関係を示す具体的なデータが何ひとつない。

 世の中には必ず反対意見を持つ人がいるものだ。反対に肉を食べた方が良いと言う者もいる。「肉を食べる人は長生きする」(柴田博著)や「肉を食べると健康になる」(高田明和著)などである。もう騙されまいと、こちらは書店でパラパラと立ち読みする。例えば、「肉を食べる人は長生きする」によると、いろんな地域の百寿者(100歳以上の高齢者)を調査した結果、肉を常食としている人が多いという。肉を積極的に食べている人は脳卒中になりにくく、認知症や鬱の予防にもなるという。しかし、こちらも私を説得さすだけの具体的なデータは何ひとつない。

 それじゃ一体全体、肉を食べた方がいいんだか悪いんだか。そこで著者の経歴を詳しく調べていくと、それぞれにビジネスに直結した立場をお持ちで、その立場から物を申しているようだ。たとえば、「肉を食べると健康になる」の著者である高田明和さんは「砂糖を科学する会」代表であるが、同時に「財団法人食肉消費センター委員会幹事」の顔も持ち合わせている。当然、「肉を食べると健康になる」は後者の顔で書いたものである。ショッキングなタイトル本を出すこと自体が目的化しているふしもある。

 こうした相反する意見を拝聴し、自分の頭の中で咀嚼し、信じれるものと信じれないものを取捨選択していくと、健康に良い普遍的なことが自然と炙り出されてくる。私の解釈によると、それはこういうことである。

1. 薬に頼らないで自己治癒力を活かす。
2. 食事は偏らず満遍なく食す。
3. 自分の生活リズムに合った食事を美味しく食す。
4. あまり人の意見に惑わされない。





アベノミクスの真価




 私の仕事および同じ業界は公共事業と直結しているので、国の公共事業予算の大小によって真っ先に景気の影響を受ける。小泉政権からの公共事業の大幅な削減によって業界は苦戦し、大手企業といえども倒産の憂き目にあうのが不思議でない時代に突入している。ましてや、私のような末端のそのまた末端の零細においては、仕事そのものが激減する一方、元請からの単価も下がるダブルパンチを受けて瀕死の状態である。

 加えて、2年前の原発事故により、これは私自身の道徳的信条から原発事業から撤退する決断をしたことが経営悪化に拍車をかけた。事業の縮小を計り、新たな別の仕事の方向性を模索し、さらなる能率向上と品質向上に励む2年間であった。2年間の赤字決算を経て、ついには無給の役員を通してきた。その甲斐あってか、今期の決算では雀の涙ばかりではあるが黒字決算になりそうである。

 ところが、このところやけに仕事が忙しい。正確にいうと、昨年の解散・総選挙を節目に状況が一転した。昨年の夏から秋にかけて、どうしようもなく暇であったのが嘘のようである。この仕事の忙しさは、株価上昇や円安移行ともピッタリ連動している。忙しいことは必ずしも経営良化にはならないが、ともかく停滞するより動くことの方がましである。

 安倍政権はこう明言した。デフレ経済を克服するためにインフレターゲットを設定し、これが達成されるまで日本銀行法改正も視野に、大胆な金融緩和措置を講ずると。これが所謂、アベノミクスである。

 ただ、今のところ安倍さんが実際に何をやった訳でもない。ほとんど何も実行していないのである。なのに、なぜなのか。なぜ株価上昇をもたらせ、円安移行に転じたのか。ローカルな話では、私の身の廻りでもこうも仕事が忙しくなるのか。

 つくづく、市場経済は生き物であり、この生き物は気分次第であることを痛感する。アベノミクスという御言の奉納によって、期待する信者が連鎖的に増殖し、そのことが日本経済を底上げしている。そんな感じがする。

 ただ、この景気浮揚感は心もとないものである。これはいわば実態経済ではなく、虚構経済と言える。逆に、打つ手を間違えると本当にインフレへ陥落するリスクを伴う。現に、ガソリンや食料品がジワジワと値上がりしてきている。

 金が出回り、株価が上昇し、円安が進む。それと同時に、庶民がお金を使い会社が設備投資しなければ、元の木阿弥となる。結局は金が廻らないとアベノミクスは失敗となる。期待は疑心暗鬼に容易に変貌する。

 折角のアベノミクス信奉の気運を確実な実体経済へと活かすために、日銀総裁人事に始まる具体的な政策に期待するばかりである。私のような末端の仕事が忙しいとか忙しくないとかはどうでもいい話である。日本経済が活力をもって再生することに期待するものである。




プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR