働き方いろいろ






 サラリーマン時代、入社と同時に否応なしに労働組合員になった。それも束の間、1年後に組合員を脱退した。組合幹部がスト破りをしたのに嫌気が差したのがきっかけだが、そもそも労働組合のあり方に疑問を抱いていた。会社の発展のために経営者も組合員もなかろうと。会社が儲からなくちゃ、賃金もへったくれもなかろうと。


 そんなことから、春闘においては若い頃から経営者側に身を置き労働組合幹部と対峙したわけだが、労働組合員よりも私の方がむしろ組合的な考え方をしていた。兎にも角にも、仕事が好きな集団であり、その後、組合は自然消滅した。以来、会社に残業という概念がなくなり、ひとりひとりの能力と将来性をもとにした年俸制となり、フレックス制度やコアタイムをいち早く導入した。


 そんな長年のサラリーマン生活を終え、起業した後も仕事に時間の縛りを感じないでいる。さて、春闘のこの時期、定期昇給を要求しそれに答える昔ながらの労使の姿を今なお見るにつれ、情けない気がするとともに、働き方の改革が遅々として進んでいないことを感じる。そればかりか、今の政府は、「働き方改革」と称して残業時間を制限する法案を作ったり、会社経営者に賃上げを要求したりする始末。国から指示されて、なよなよそれを受ける日本経済団体連合会の姿勢もお粗末。きっと、土光氏が天国から喝を放っているだろう。


 そもそも、すべての人が残業が少なく家庭を大切にしたいであろうと考えるのが大間違いである。生活のためにできるだけ残業代を増やしたい人もいるだろう。私のように家庭を顧みず、金に関係なく、できるだけ良い仕事をしたい人もいる。能力のない人まで賃上げすれば、能力ある人には不公平になることもある。残業という概念が相当なのは、ベルトコンベヤーで運ばれる製品の組み立てなど限られている。長時間会社にいても生産性が上がらない人もいれば、家にいても糞をしてても良いアイデアを出す人もいる。同一労働同一賃金というのもおかしい。賃金が安くても、人間関係や時間の問題からパートや派遣を自らの意思で選択している人もいる。きっとパートや派遣社員は正社員になりたいと思っているに違いないと考える、そのこと自体が間違いなのだ。


 つまりは、人生いろいろ、働き方もいろいろなのである。こうだと決めてかかってはいかん。世の中には選択肢が多ければ多いほどいい。人によっていろいろな働き方のバリエーションがあって、それを選択できる世にしなければいかん。ましてや、官製談合の如く、国が企業に賃上げを要求したり、残業を少なくするよう指示したりは、全くもって言語道断である。国にとやかく言われなくとも、人も企業も知恵を出し、自分たちで苦労し改善して、進化していく。それこそが、真の成長というものである。働き方いろいろ。ともかく私は、国がどう言おうが他人にどう言われようが、好きな仕事を生涯続けたいのだ。




スポンサーサイト
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR