薔薇とツバメ





 春というよりもはや初夏という陽気に、いろいろな種類の花が一気に咲き乱れる今日この頃。いろんな方のブログやフェイスブックには花を愛でる写真や記事が満ち溢れ、花に疎い私ですら、それを見ているだけで心も気分も浮き浮きする。

 そんな中、わが家の玄関先にも早咲きの薔薇たちが一気に開花して本格的な春が訪れた。それもこれも、薔薇が命とするわが家の薔薇執事の日頃の努力の賜物である。




薔薇



 薔薇というのは、水遣りから剪定、病害虫防除、施肥に至るまで、花の中で最も手がかかるそうだ。その厄介な薔薇を相手に、薔薇執事は私のことよりも何をさておいても薔薇を優先する。毎日、一日の多くの時間を好きな薔薇に尽くて自己満足する一方、やれ忙しいだの外泊もできないなどと能書きをたれる。

 玄関先の薔薇はひと鉢、ふた鉢と増え、ついには訪問客や宅配人はもちろんのこと、家人もなかなか玄関にたどり着けない始末になっている。鑑賞専科を自称する私としては、薔薇の棘を避け花弁を痛めぬよう、恐る恐る新聞受けに行く修行の日々を余儀なくされている。

 さて、同じ玄関先の車庫の軒下には、この季節になるとツバメが巣作りを行う。毎年、同じ場所に巣作りを行なっているが、数年前に壁の塗り替えを行なったため、壁面が滑り易くなって巣作りが容易ではなくなっているらしい。それでも律儀に、毎年決まって同じ場所に巣作りを行なう。

 そして、今年もツバメがやって来て巣作りを開始した。粘土を運んでは巣の土台を壁に貼り付けるが滑って落下する。その真下には私の愛車があり、洗車しても洗車しても泥を被る。でも、ツバメの巣作りの努力からすれば洗車の努力は容易いもの。懸命にツバメの巣作りを応援する毎日である。

 ところがある日、作りかけの壁面の巣が取り払われ、土間の泥も洗い流されていた。汚さ余って、薔薇執事がホースで洗い流したというではないか。なんということを。それでもツバメは、どうしたことかと巣があったところへ舞い戻る。けな気なツバメがさらに愛おしいのである。



新ツバメ


 薔薇好きが講じて人に不自由を与えることもあり、ツバメ可愛さから人に不自由を与えることもある。そこは人の知恵によって、薔薇を愛でてツバメを可愛がる手立てが欲しいもの。ただ疑問なことは、薔薇という植物を愛でる心の持ち主が、なぜツバメという動物を可愛がる優しい気持ちになれないのかということである。薔薇とツバメと人間の共存共栄を目指して格闘する日々がまだまだ続く。


スポンサーサイト
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR