福島の真実とは





 美味しんぼの「福島の鼻血」掲載記事に対して、地元自治体は風評被害を起こすばかりか福島県民への差別につながると厳しく抗議。これが火種になってネット上で記事に対する批判が殺到。さらにメデイアが取り上げて大反響を呼び、ついに漫画は休載に追いやられた。

 漫画には福島県双葉町の前町長の発言「福島に鼻血が出たりひどい疲労感で苦しむ人が大勢いる」「今の福島に住んではいけないと言いたい」との発言がある。また福島大学の准教授が「福島を広域に除染して人が住むようにするなんてできない」との発言もある。

 この記事に対して環境相と双葉町前町長が対立。環境相は「住民の被爆と鼻血の因果関係はないという評価が既に出ている」と強調するのに対して、双葉町前町長は「福島では同じ症状の人が大勢いますよ。言わないだけです」と反発する。

 さて、漫画に書かれた内容の真偽は如何に。問題の核心は、真偽に関わる基礎データを公開していないことにある。福島県内あるいは周辺自治体における子供を対象とした放射能検査の進行状況、鼻血を起こした子供の実数、甲状腺癌を患った子供の数、白血球の検査結果などである。それらを公開せずして真偽もどうもあったものではない。

 福島県内に鼻血の子供が増えていることについては、既に3年前の2011年6月16日付東京新聞に掲載されている。「福島の子供たちに体調異変」というタイトルで、大量の鼻血や下痢の症状を起こしている福島県の子供たちの実態と親の苦悩を伝えている






鼻血




 聞き及ぶところによると、事故前の統計では福島で甲状腺癌の子供は0人であったが、現在、子供たちの甲状腺癌が50人に増えたという。これも事実かどうか検証した上で公表しなければならない。

 ある専門家は「科学的にありえない」と評する。しかし専門家が「ありえない」というは「低線量被爆が原因で鼻血が出ることは科学的にありえない」と言っているわけであり、大量被爆した場合はあり得る。要は、白血球の検査結果を公表すれば因果関係は明確になる。

 風評なのか事実なのか、放射能の沈着はないのかあるのか、その真偽を決着さすためには検査結果を隠蔽しないで公表するしかない。いずれにしても、風評被害をまき散らかしたと出版社が糾弾され、放射能をまきちらかした東電糾弾されないのは、どうにも腑に落ちない。




スポンサーサイト
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR