猫と女、犬と男




 人間に最も親しい動物である猫と犬であるが、世間は猫派と犬派に2分され、両方好きだと言う人は滅多にいない。それは、猫と犬の習性の違いからくるものだろう。もともと犬は、群れの中で生活しその中での自分の順位を定める依存型である。家の中で主人に従っても女子供に逆らうのはそのためだ。これに対して猫は、常に一匹で行動して全て自分で決定する自立型である。こうした猫と犬の習性にどれだけ共鳴するか、それによって猫派と犬派に分かれる。





犬と猫
(写真は借物です)



 私の猫に対する印象は、「したたか」、「媚びない」、「マイペース」、「利己主義」、「気ままぐれ」、「無表情」。そして私の犬に対する印象は、「利口」、「忠誠心」、「媚びる」、「風見鶏」、「表情豊か」といったところか。こうして書きながら思った。私は猫よりも犬が好きなのだと。

 無論、利口な猫もいるし、馬鹿な犬もいる。猫撫声というからには媚びる猫もいるだろうし、媚びない凛々しい犬もいる。どこどで忠誠心がある猫がいたし、忠誠心の欠片もない犬もいる。だから、前述のように思っているのは、私個人の単なる先入感に過ぎないのかも知れない。それに、人間さまが勝手にどう思おうが、実際に猫や犬はどうだかわかりゃしない。

 ただ、どうしても猫=女、犬=男というイメージがついて廻る。なぜなのか。女は動ぜず、いつも沈着冷静でしたたかな動物であり、男はそんな女のご機嫌を伺いながら尻を追う動物だという女コンプレックスを抱いているからだろうか。また女はもともと一人で決定する要素を持っているので、猫に共鳴する。男は階層社会にどっぷり親しんでいるので、犬を愛おしく思うのかも知れない。

 廻りの猫を飼う女は、事の他、寂しがり屋である。概して我が強く、社交性がない方が多い。一方、犬を飼う女は普通に社交性があって開放的である。だから犬を連れた女同士の井戸端会議は長い。猫を抱いての井戸端会議は見たことない。もっとも、猫はつまらない井戸端会議におとなしく付き合う筈がない。

 犬を飼う男は普通である。土佐犬やシェパードを連れている男は、ほんとは気が小さい。自身の気の弱さを、身代わりに犬で鼓舞しているように見える。ヨークシャーやシーズーなどの小型室内犬を飼う男は優しい男が多い。問題は猫を飼う男である。猫と女、猫と男、犬と女、犬と男の4通りの組み合わせの中で、最も希少な組み合わせであるからだ。

 本来、男は、男本来の性格から猫嫌いである。実際、「犬アレルギー」はあまり聞かないが「猫アレルギー」は男に多い。私もそうであった。昔、ママさんに誘われるままにお部屋に招きいれられたら猫がいて、その場で全身に湿疹が出ておずおずと退散し、事なきを得た。今は、あることがきっかけで猫アレルギーを克服した。

 真の「猫アレルギー」男に聞いたことがあるが、猫を飼っているかどうかは、家の玄関に入っただけで判るらしい。モヤっといやな空気を感じるという。猫の写真や絵や人形もダメだと言う。「猫」と聞いただけでむしずが走る。「猫」に似た「苗、描く」という字を見ても気分が悪くなるらしい。そんな徹底的な猫嫌いは、「ドラえもん」も「キティちゃん」もダメというのですから、相当なものだ。


 それにもかかわらず男が猫を飼うというのは、常に女(=猫)を求めているか、自身が女であるか、どちらかに違いない。もし猫を女と見立てて飼っているとしたら、彼女ができたときに猫と彼女の戦いが始まり、男はその狭間で葛藤するだろう。もし自身が猫であったなら、男気性の彼女を持つがいい。ただ言えることは、猫も犬も、相対する人間さまが自分を好意的に思っているのか毛嫌いしているのか、言葉を発しなくともわかっていることである。






スポンサーサイト
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR