Wi-Fiは誰のものか




 今や、スマホがあり、iPadがあり、各種タブレットが世に溢れている。凄まじいタブレット型コンピューターの技術開発によって、もはやパソコンとタブレットの区別がなくなってきている。それにつれて、煩雑な通信網を如何に効率的に利用するか、利用の仕方によって大きな損得が生じているのが実態である。

 私の場合、スマホを基本として、パソコン代わりにiPadminiを利用している。出張時にはWiMAX搭載のノートパソコンを持ち歩いて、officeなどの実務作業もできるようにしている。iPadminiにはWi-FiモデルとLTEモデルがある。LTEモデルは、Wi-Fiの他に携帯電話事業者が提供する通信網(Cellular)によってそれ自体で通信できる。しかし、毎月、通信費がかかる。そこで、私は最初の製品購入だけで済むWi-Fiモデルに決めた。その通信にはWiMAX搭載パソコンの契約に付随しているWi-Fiルーターを利用している。Wi-Fiルーターがない場合はスマホからテザリングしている。これだけでもよく考えた利用をしているようだけど、それでもまだ無駄がある。スマホが1台あれば、Wi-Fiテザリングによってすべてのパソコンやタブレットの通信が可能だからだ。

 通信機能やメカの知識に詳しくない私でも、どれとそれを組み合わせれば効率的なのか、あるいはどこか無駄がないのか迷うし、わからないことも多い。まして、全くそういうことに疎いお年寄りは、持たされるまま勧められるままに、余計な通信機能を重複して支払っているに違いない。

 今や、喫茶店に入ってもレストランに入ってもWi-Fiが設備されている。そのうち、ほとんどすべての公共機関でWi-Fiが設備されるだろう。さらに、街中でも防犯カメラみたいにWi-Fiが設備されるかも知れない。そして、LINEなど無料の電話や通信機能も多く提供されている。

 そうなると、一体全体、Wi-Fiは誰のものなのか、光は誰のものなのかと考えてしまう。そして、数多くのプロバイザーの稼ぎは正当なものなのかと思ってしまう。つまり、Wi-Fiにしろ光にしろ、すべての無線通信をタダにすれば、誰もが気楽にネットを楽しむことができるばかりか、互換性や機能性からも飛躍的に経済が発展すると思うのだが。通信事業の罠の中にあって、その罠の矛盾が次第に解かれていく状況を感じる。





スポンサーサイト
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR