今年1年、ありがとう!




 まだあどけなさが残る高校生が、あらん限りの力を出し切ってタスキを伝え継ぐ。高校駅伝の、下向きで懸命な走りっぷりに感動し、涙する。名馬オルフェーヴルが、ラストランとなった有馬記念でぶっちぎりの優勝。ゴールを駆け抜けて騎手を見上げる優駿の愛くるしい目が何を語っていたか、私にはわかる。人馬一体とは、正にこのこと。オルフェーヴルと騎手、調教師、厩舎の3年半の歴史を知る人であれば、涙を堪えられようはずがなかろう。歳のせいか、最近、涙もろくなってきた。

 こうしてまたひとつ、師走の恒例行事を終え、今年を終えようとしている。身の廻りの不幸に、世の無常を感じる1年であった。でも、嘆いてばかりいても、悲しんでばかりいても、なにも始まらない。年年歳歳、日は巡り、太陽は昇ってはまた沈む。



「人間万事塞翁が馬」


 悲しみの代償に、素敵な出会いもあった。新たな発見もあった。そんな小さな幸せを大切に育んで、精一杯、毎日を生きる。それしかないのだ。このかけがいのない自身の人生のひとこまひとこまを、自身の演出で生きるのだ。また1年、今年を無事終えられたことに感謝し、来年もまた懸命に生きようと誓う。


 今年1年、この拙ブログに来訪していただいた方に感謝します。ひとりよがりの勝手な思いや意見にお付き合いしていただき、ありがとうございました。今年はこれにて閉店させていただきます。みなさま方にとって、来年が良い年であることを切にお祈りします。




kiribana
(姉の葬儀から早3週間。切花がまだトイレで咲いてます。)
スポンサーサイト
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR