言葉と心情






 日本語というものは難しいものだ。ちょっとした言い方ひとつで、相手を気遣った優しい言葉にもなり、逆に相手を傷つけたりもする。「東北の震災によって甚大な被害を受け、今なお多くの被災者が避難所暮らしを余儀なくされ、金銭的にも精神的にも大変苦しい思いをされている」と前置きした上で、「同じような震災が東京で起きたら被災規模は何十倍にも及ぶ」と言えば済むものを。


 すべては「良かった」の一言が問題なのであり、言葉の選択を間違った訳である。しかし、そんなに大事(おおごと)なことであろうか。マスコミが大々的に取り上げ、激怒する被災者のインタビューだけを放映し、野党が突っ込んで国会が紛糾し、大臣を辞任する、それほど大事(おおごと)なことであろうか。


 公人それも大臣の発言としては、勘違いされそうな不用意で軽率な言葉であることに間違いない。しかし、国民誰ひとりとして、「東北で震災が起きて良かった」なんて思ってないし、大臣もそうである。それを承知の上でマスコミは問題劇場を作り上げる。


 我々身のまわりの一般人においても、東北のことになると、神経過ぎるほどに言葉選びをし、そして異口同音に「被災者に寄り添う」と言う。東北のことについて少しぞんざいな口のききようをしようものなら、「被災者に寄り添っていないからそんなことが言える」と逆鱗に触れる。


 一方、身の廻りに、東北の野菜は買わないし、福島の魚は絶対に買わないという人が多いのも事実。それでは一体、「被災者に寄り添う」とはどうすることなのか。ボランテイアに行けない人ができる寄り添いとは、例えば東北の野菜を買ったり、救済募金に寄付したりすることもひとつの方法ではないのか。無論、一日も早い復興を祈るのもそうだけど。「被災者に寄り添う」という空虚な言葉だけがひとり歩きし、そう発することで自己満足に浸っているように思えてならない。


 言葉は確かに大切であり、重みがある。こと弱者に対する言葉は、相手を傷つけないように注意する必要がある。しかし「被災者に寄り添う」など一見優しい偶像化した言葉が流布し、それが実体を見えなくしていることもある。あまりに慎重な言葉選びによって、意見の萎縮が生じ、本音が見えないこともある。言葉は嘘をつけるが、人の気持ちや心情は嘘はつけない。発せられる言葉だけにとらわれて、人の心情の奥底を見誤ることのないようにしないといけない。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

拍手

おっしゃるとおりだと思います。

戦中のおしゃもじ小母さんのように、最近の日本人でも不謹慎狩りなんちゅ~のが流行っているようですね。
私は、件の復興大臣の生まれがどこなのだろうと思っています。
たぶん当人としては悪い表現をしたつもりはサラサラ無かったと思います。秘書や事務方のチェックが甘かったと思います。また当人にしても、自分の立場を考えれば言葉の使い方を勉強するべきだったということですね。
「男のクセに」的な使い方を是とするか非とするか、的なことと眺めています。

Re: 拍手

呑兵衛あなさん、
こんにちは。
おひさしぶりです。
私の方は失礼して見ては逃げています。


>最近の日本人でも不謹慎狩りなんちゅ~のが流行っているようですね。

まさにそのとおりですね。

> 私は、件の復興大臣の生まれがどこなのだろうと思っています。

佐賀県ですね。二階さんの子分です。

復興大臣には東北の方を人選しておいた方が無難でしょうね。
プロフィール

geotech

Author:geotech
geotechのブログへようこそ!

団塊の世代を突っ走った田舎侍の遠吠えです。聞いてやってください。実話から世評までもろもろですが、一貫して、辛口です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
シニア・ナビ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR